製造業の
ISO取得エピソードEpisodes

埼玉県坂戸市で、従業員数19名の医療用部品製造業のISO取得エピソード

樹脂加工業K社様の場合

  • 医療用部品製造
  • 埼玉県坂戸市
  • 従業員数:19名
樹脂加工ひとすじ半世紀以上
半世紀以上、顧客のご要望に真摯に応えながら樹脂加工技術の研鑽を重ねてまいりました。現在では、マイクロメートル単位での精密さが要求される、主に医療用分析機器の樹脂部品の切削加工においても、顧客よりご支持をいただいております。

ISO9001取得のきっかけ

数年前から営業時に「ISO9001は持ってますか?」と聞かれる機会が増えてきておりました。
だからといってISO9001を持っていないからお取引してもらえないかと言われれば、そうではないかもしれません。

しかし、ISO9001を持っていないことで、知らず知らずのうちにふるいにかけられお取引の機会を逃してしまっているのではないかと考え、取得を決意しました。

ISO総研との出会いと決意

いざ取得を検討してみたはいいものの、私にはISOの知識はなく、唯一、品質管理を担当している者が前職でISO9001の経験がありました。

その品質管理担当者には、まず反対されました。
ISO9001はうちの規模でとれるものじゃない。取得を考えるなら、まずは体制を整えてからでないと、とてもとれるはずがない。と。
正直私も、やっぱりそうだよな、と思いました。

そんなとき、会社に届いたFAXの中に「ISO」の文字を見つけ、何となく興味を惹かれて読んでみると、「月々4万円で手間なく楽にISO9001を取得できる」というじゃないですか。
そんなことが本当に可能なのか?と半信半疑で、そのFAXの送信元であるISO総研さんに問い合わせてみました。

実際に営業の方に来てもらって話を聞いてみて、さらに驚きました。
文書管理はおろか、マニュアルなんてものが一切ないうちでも今の状態のまま問題なく審査が受けられると言うじゃないですか。

それから、なぜそんなことが可能なのかを丁寧に説明をしてくれ、「なるほど」と納得できたので、まあものは試しということでISO総研さんにお任せすることにしました。

本当に手間なくISO9001を取得できた

契約後、まずは初回打ち合わせの中でコンサルさんがISO9001認証までのスケジュールを一緒に立ててくれました。
一緒にスケジュールを立てる中で、ISO総研さんが代行してくれる部分(様々なルールや文書・記録の作成まですべての作業)をあらためて確認し、本当に自分たちは日常業務に専念しているだけでISO9001が取れるんだなあと実感しました。

また、テンプレート的な対応ではなく、ヒアリングを通じてうちの実情に即した内容で構築してくれることもISO総研さんにお任せして良かったと感じた点です。

例えば、今まで目標管理と言えるものは何となくフワッとしたものしかありませんでした。
そこでISO総研さんが「(代表の私が)日々、課題に感じてるものはありますか?こうなったらいいなあと、感じることはありますか?」と聞いてくれました。

そのとき感じていた課題は、「不良品の数が年々増えてきている」ことでしたが、そもそも今不良品が月にどれくらい出ているのかすら把握できていない状況でした。

それをそのままISO総研さんに伝えると、「そうなんですね!では、不良品をなくすという目的で、まず月にどれくらい不良品が出ているのか見ていくことから始めませんか?」と言ってくれました。

「えっ、そんな簡単なことでいいの?」とびっくりしていると、「できもしない目標を立てて、無駄なルールを増やすより、まずは今できることから始めましょう。」と言ってくれました。

その言葉に安心し、その後も色々相談させてもらいながら、無事6か月後にはISO9001の認証証明書が会社に届きました。

うちも似たような状況だな…
と思ったあなた、
次はあなたの番です。

このページを見た方限定!無料プレゼント資料

現役コンサルに
お悩みのこと・聞きたいことを

無料相談してみませんか?

0120-068-268 0120-068-268
24時間受付中!お問い合わせフォーム
タップしてすぐに無料電話相談